新型コロナ(COVID-19)感染拡大に伴い、ホームポイントでサーフィンしても良いのかを確認する方法

コラム
スポンサーリンク

新型コロナの影響でGW期間中に各地でサーフィン自粛の要請がありました。

僕が住んでいる九州でも当然、サーフィン自粛でした。その後、県内であればサーフィン可能になったのですが、県内でもあるポイントに関しては自治体の要請でサーフィンは自粛となっていました。その事を知らないサーファーはせっかく海へ来てもサーフィンすることが出来ません。

8月に入り感染者の数も急増しており、今後の感染状況によっては再度のサーフィン自粛要請がないとも限りません。

その様な時に備えて、現在、利用しているサーフポイントでサーフィンしても問題ないかを確認するにはどうすれば良いかを説明します。

結論として、まずは「一般社団法人日本サーフィン連盟(NSA)」の都道府県支部がSNS等で発信している情報を確認して下さい。また地域によってはNSA以外にもその地域をまとめている団体があり、それら団体が独自の自粛要請を行っている場合もありますので注意して下さい。

スポンサーリンク

日本サーフィン連盟(NSA)とは?

日本サーフィン連盟(以下NSA)はアマチュアスポーツとしてのサーフィンを取りまとめている団体で、日本全国に約13,000人の会員が所属(2020.8現在NSA HPより)しており、アマチュアサーファー国内最大の大会である「全日本サーフィン選手権大会」も主催しています。

但し、サーフィンを楽しんでいる人の数は、公益団体法人日本生産性本部の「レジャー白書2018」によると「サーフィン・ウィンドサーフィン」合わせて60万人とあります。(2017年のデータで1年に1回以上行っている人の数)

かりに60万人の半分がサーファー人口だとして30万人、そのうちNSA会員は約1万人しかおらず、ほとんどのサーファーにとってNSAは馴染みがありません。

おそらく昔からある地元のサーフィンショップでサーフィンを始めなければ、NSAという団体も知らないサーファーがほとんどだと思います。

何故、日本サーフィン連盟(NSA)がサーフィン自粛を要請できるのか?

政府の自粛要請等に応じて、日本サーフィン連盟(NSA)が基本方針を決めるのですが、地域ごとの要因もあるため、各都道府県にある支部単位で自粛等を行うかを最終的に決めています。

NSAは所属会員に向けての自粛要請となり、非会員のサーファー(以下 一般サーファー)へはあくまでもお願いレベルです。

また、地域によってはNSA以外にも地域をまとめている団体があるところもあり(観光資源としてのサーフィンが普及している地域に関してが団体が細分化されている様です)各団体の独自の判断で自粛を要請する場合もあります。

たとえば、同じ県内でもサーフィン可能なポイントもあれば、サーフィン自粛を養成しているポイントも存在するといったことがありえます。主な理由としては、市区町村ごとに感染の恐れがあるので海のレジャーは控えて欲しい旨の要請がある場合があるからです。

そういった地域は離島(本土とは橋で繋がっている場合もあります)で医療施設の数が少なく、かつ齢者が多いため感染すると重症化するリスクが高い地域です。

新たなサーフィンのルール

5月29日に新型コロナウイルス感染症の拡大防止策としてNSAが作成したサーファーとしてのガイドラインです。

なぜ、「日本サーフィン連盟(NSA)」の自粛要請に応じなければ行けないのか?

多くのサーファーにとってNSAは縁のない団体かも知れませんが、各支部は昔から地元の方々とサーフポイントを使用するにあたってコミュニケーションをとってきています。

いわゆるローカルと呼ばれている人達です。(ロケールの方にはNSAに属さない方もいらっしゃいます)

たとえば、地元漁業従事者との話し合いや地元住民からの苦情の対応等です。場合によっては自治体へのトイレやシャワー設置の要請も行ったりしています。

また、定期的にビーチクリーンを行うといった活動も行っています。

サーフポイントでローカルの人と上手に付き合う方法とは?
サーフィンを始めて海へ通い出すとまず不思議に思うことがあります。ローカル問題です。 ローカルの人に怒られたとか、みんなの海なのにどうしてローカルは大きい顔しているの?思ってしまいますよね。 この記事ではなるべくローカルの人と上手くやっていく方法を説明していきます。

サーフポイント周辺の地元住人にとっては、NSAの会員か会員でないかということは全く関係がなく、「サーファー」ひとくくりでとられてしまします。

NSA各支部の自粛要請を、多くの一般サーファーが守らないようならば、地元住民のサーファーに対する印象は悪くなってしまうのではないでしょうか?

せっかくサーフィンするのですから、気持ちよくサーフィンしたいですよね。

 サーフィンやカヌーでのツーリング、ボードパトリングを楽しむことは、 心身ともに健康な状態を保つことができます。 しかし、今、その行動をすることで人が多く集まってしまえば、 感染拡大のリスクは高まります。 また長距離の移動が伴えば、 その移動中に様々な人と接触する機会も増えてしまいます。 これから気候も暖かくなり、 海に出かけたい気分になる人も多いかと思いますが、 みなさんのその行動が、感染拡大につながる行為であったり、 感染に対する不安を与えることにつながってしまいます。 感染予防のためにすべきことを、 今一度、海岸を利用する全てのみなさんとともに 考えて欲しいと願っております。

日本ライフセービング協会/日本カヌー連盟/日本サーフィン連盟 
【共同声明「海を愛する国民のみなさんへ」より

サーフィンをしても良いかをを確認するには?

NSA各支部は基本的にサーフショップのオーナーが支部長をしている場合がほとんどです。まずは、各支部のウェブサイトやSNS(Facebook を利用している支部が多いようです)から情報収集して下さい。

以下にNSAの各支部及び各地域のサーフィン団体をまとめました。

8月3日の時点で、これ以上感染者が増えた場合、サーフポイント前の駐車場を封鎖する事を検討しているという地域もあると聞いています。

自分が良く訪れるサーフポイントに関する情報をチェックする様にして下さい。

エリア都道府県名称URL
北海道・東北地区北海道NSA北海道支部Facebook
青森県NSA青森支部なし
岩手県NSA岩手支部なし
宮城県NSA宮城仙台支部Facebook
NSA宮城北支部なし
秋田県NSA秋田支部なし
山形県NSA山形支部なし
福島県NSA福島支部/福島サーフィン連盟Facebook
関東地区茨城県NSA茨城南支部Facebook
NSA茨城北支部Facebook
NSA茨城波崎支部Facebook
茨城サーフィンユニオンI.S.Uウェブサイト
栃木県NSA栃木支部Facebook
群馬県NSA群馬支部なし
埼玉県NSA埼玉南支部Facebook
NSA埼玉2区支部Facebook
千葉県NSA千葉銚子支部なし
NSA千葉西支部Facebook
NSA千葉東支部Facebook
NSA千葉南支部ウェブサイト
いすみ市サーフィン連盟Facebook
一宮サーフィン業組合なし
御宿サーフィンアソシエーションなし
東京地区東京都NSA東京支部ウェブサイト
NSA東京多摩支部Facebook
NSA東京大島支部なし
NSA東京新島支部なし
NSA神津島支部なし
神奈川地区神奈川県NSA川崎支部Facebook
NSA横浜支部Facebook
NSA湘南鎌倉支部ウェブサイト
NSA湘南藤沢支部ウェブサイト
NSA湘南支部なし
NSA茅ヶ崎支部ブログ
NSA湘南西支部Facebook
NSA相模原市部なし
神奈川県サーフィン連盟Facebook
大磯サーフィン協会Facebook
中部地区新潟県NSA新潟1区支部/Freak Surfウェブサイト
NSA新潟2区支部Facebook
富山県NSA富山支部なし
石川県NSA石川支部なし
福井県NSA福井支部なし
山梨県NSA山梨支部なし
長野県NSA長野支部ウェブサイト
岐阜県NSA岐阜支部なし
静岡県NSA静岡伊豆支部Facebook
NSA静岡1区支部なし
NSA静岡2区支部ブログ
NSA静岡3区支部ウェブサイト
愛知県NSA愛知支部ブログ
田原市サーフィン協会Facebook
田原サーフィン業組合Facebook
近畿地区三重県NSA三重支部ブログ
滋賀県NSA滋賀支部ウェブサイト
京都府NSA京都支部Facebook
大阪府NSA大阪支部ウェブサイト
兵庫県NSA兵庫支部なし
奈良県NSA奈良支部Facebook
和歌山県NSA和歌山支部/和歌山サーフィン連盟ウェブサイト
中国・四国地区鳥取県NSA鳥取支部/Develop SURF & SEAFacebook
島根県NSA島根支部なし
浜田サーフィン協会ウェブサイト
岡山県NSA岡山支部なし
広島県NSA広島支部なし
山口NSA山口支部/リバーサーフショップFacebook
徳島県NSA徳島支部なし
徳島県サーフィン連盟(TSA)ウェブサイト
香川県NSA香川支部なし
高知県NSA高知支部/高知県サーフィン連盟)(KSA)ウェブサイト
九州・沖縄地区福岡県NSA福岡支部Facebook
佐賀県NSA佐賀支部Facebook
長崎県NSA長崎支部Instagram
熊本県NSA熊本支部/WAVE ACTFacebook
大分県NSA大分支部/Blue Surfウェブサイト
宮崎県NSA宮崎支部Facebook
延岡市サーフィン連盟ブログ
日南市サーフィン連盟Facebook
串間市サーフィン連盟Facebook
宮崎市サーフィン連盟Facebook
サーフカルチャー宮崎Facebook
日向市サーフィン連盟Facebook
宮崎県サーフィン連盟ウェブサイト
高鍋サーフィンクラブなし
鹿児島県NSA鹿児島支部Facebook
沖縄県NSA沖縄支部/沖縄サーフライダー連盟(OSA)ウェブサイト
その他その他NSAデフ/JDSAFacebook
NSA学連支部ウェブサイト
2020.8.3. 波乗りBlog管理人 調べ

コメント

タイトルとURLをコピーしました