サーフィン初心者は、ハードケースとソフトケースどちらを買えば良いのか?

サーフィンの始め方
スポンサーリンク

サーフボードを買う場合、大抵はボードケースも購入するかと思います。そんな時

「ハードケース」と「ソフトケース(ニットケース)」のどちらを買えばいいの?

と悩むことがあると思います。そこで、どっちのボードケースを買ったほうが良いかを説明しますね。

ボードケースを何故買うのかというと、サーフボードは衝撃に弱いため、陸上ではサーフボードを保護するためにケースに入れて持ち運びます。また、滑り止めとしてサーフボードの表面にワックスを塗るのですが、ワックスが溶けて汚れないためにもボードケースに収納します。

ボードケースには化学繊維で編んだニット状の柔らかいものソフトケース(ニットケース)とウレタンフォームで外からの衝撃にも耐えうるハードケースの2種類があります。

最初に結論なのですが、両方購入して下さい(笑)

最初はソフトケースで十分なのですが、ハードケースもあった方が絶対良いので、理由を説明します。

スポンサーリンク

僕の場合

僕は海へ行く場合は基本2本を車に積んで行きます。理由は1本がクラッシュした際の予備です。また、予備は小波の時でも対応できるようにメインのボードより浮力が高いものを持っていきます。

ボードを運搬時の破損を出来るだけ無くしたいのでメインのボードはハードケースを使っており、予備のボードはニットケースに入れています。理由としてハードケースはニットケースと比べどうしても嵩張ってしまうので、メインのみ優遇して使用しています。

ちなみにボードを複数本所有しているので残りは全てニットケースに入れて保管しています。サーフボードは陽に当たると黄ばんでくるので、保管時もニットケースに入れておいたほうが良いです。

ハードケースの利点

ハードケースはソフトケースと比べ金額も高いのですが、下記の通り利点も沢山あります。

  • 衝撃に強い
  • 出し入れが楽
  • 熱に強い
  • 昼寝用やストレッチ用のマットに使える
  • 移動距離が長い時はショルダーストラップで楽に移動できる
  • 収納スペースがある。
  • ワックスが付いても直ぐ落とせる。

ハードケースにはデイリー用とトリップ用がありトリップ用はウレタンフォームの厚みが増します。国内の旅行ではデイリー用でも大丈夫です。

海外トリップの場合はより丈夫なトリップ用ケースの購入をおすすめします。通常、トリップ用は複数本入り金額も高いですし、長さも大きくなります。

次にハードケースの利点を具体的に説明していきます。

・衝撃に強い

サーフボードをクラッシュさせるのは意外と海以外が多かったりします。そんな時にはウレタンフォームで衝撃を和らげるハードケースは安心です。

また、車の屋根にシステムキャリアを設置してボードを固定する場合もハードケースが安心です。

・出し入れが楽

ハードケースの場合、ボードを滑らせてファスナーを閉めるだけなので楽に収納できますが、それに比べてソフトケースはピッタリとフィットするので収納するのに意外と時間がかかります。特に冬場は海から上がって直ぐに着替えたいので(僕はまず板を収納してから着替えます)時短できるハードケースが便利です。

・熱に強い

ボードを衝撃から守るウレタンフォームは断熱の面でもニットケースと比べて優れます。夏場は車内の温度がかなり上がるため、熱対策としてもハードケースが優れています。

・昼寝用やストレッチ用のマットに使える

ハードケースはウレタンフォームの厚みが程よいクッションとなり、潮が動くのを待つ際に車外の地面に引きその上で昼寝する際にも使えます(笑)あと、ストレッチする時にも使用したりします。

・移動距離が長い時はショルダーストラップで楽に移動できる

ハードケースは標準でショルダーストラップが付属します。自宅から駐車場迄の距離が遠い場合などは、方からかけることにより楽に移動出来ます。

・収納スペースがある

ほとんどのハードケースはストラップを収納するため用の収納スペースがあり、ワックスや変え用のフィン、フィン取り外し用のツールなど小物の収納も便利です。更に、着替え用のマットが標準で付いてくるケースもありあます。

・ワックスが付いても直ぐ落とせる。

夏場などは特にボードケースの内側に熱で溶けたワックスが溶けて付いてしまいます。

ハードケースは直ぐに取れるのですが、布系のソフトケースの場合は結構厄介です。

おすすめハードケース

クリエーチャーズ(CREATURES)

オーストラリアのサーフアクセサリーの定番ブランドです。
ボードにジャストフィットするサイズ感は車内でも場所を取りません。
幅広タイプ(レトロフィッシュ タイプ)もあります。

ディスティネーション

大型のポケットや取り外し式の防水マットもついています。幅広タイプのボードも収納可能。それでいてコストパフォーマンスも優れています。

レアフォーム(Rareform)

常時外積みする方には「Rareform(レアフォーム)」がおすすめです。Rareform はサーフィンのコンテストやイベント、広告などで使用されたビニール素材の看板をリサイクルしてケース表面の材料に使用しています。看板の素材は、野外で使用する事を前提に作られているので、とても丈夫で水、熱にも強いものとなっています。

ビニール素材の看板をカットして製作しているので、一つとして同じものは無く他人と被ることはありません。逆に気になる柄があったら即ゲットしないと二度と手に入りません。

ハードケース購入時の注意点

サイズ選びは慎重に

「大は小を兼ねる」なのですが、あまり大きすぎるとだらしないし、移動の際にも動いてしまうので、やや大きいくらいがベストです。また、「フィッシュ」オルタナティブ系と呼ばれるサーフボードは通常のサーフボードよりも幅も広く、ケースの形状も「フィッシュ」に合うようになっていたりするので、場合によってはボードの長さは入っても幅が入らない場合等があるので注意して下さい。

ファスナー開口部は出来るだけ広いほうが良い

ボードの出し入れや掃除のし易さを考えて、ボードのテール(お尻部分)だけではなく、側面側(レール側)までファスナーが開くと使い勝手が良いです。

ソフトケースは金額と豊富なバリエーションが魅力

ソフトケースは安いものだと5,000円程度でも購入でき、色や柄も豊富にあります。また、最近はオリジナルのケースをオーダーすることも出来ます。お気に入りのボードを収納するケースもやはりこだわりたいですよね。

おすすめソフトケース

デスティネーション(DESTINATION)

落ち着いた配色がシックなアメリカを代表するサーフィン用品ブランドです。

フリューション(FRUITION)

個性的な柄が魅力な国内ブランド。材質は速乾性のあるマイクロファイバー製となっています。

エフ・シー・エス(FCS)

サーフボードの大手フィンメーカーであるFCSのケースは柄が虫っぽくてツボです。特に ICE YELLOW が気になります。

クリエイチャーズ(CREATURES)

通常のソフトケース末端は巾着方式なのですが、ファスナーで開閉する最新式のソックスタイプです。サイジングが難しそうですが、気になります。

手作り一点物

国内アーティスが制作するこだわりのボードバッグです。

この投稿をInstagramで見る

✄RiZi Bag✄ ・ ・ さっそく🧡 向日葵ファブリックでオーダーいただきました🌻 ・ ・ 海の相棒として、いっぱい連れ回してください🏖🐙 ・ ・ #rizibag #handmade #ordermade #boardpants #thankyou ・ #Repost @nakisurf_chiba with @get_repost ・・・ Iさまお待たせいたしました🏄‍♂️ オーダーいただきましたボードバッグが、 先程ナキサーフに届きました‼️ 明日発送手配いたします🚛🙇‍♂️ . https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/104836 . RiZi Bag (リジー・バッグ)✂︎ 千葉県在住のサーファー&ヘアーカッター&クラフトマンの、ノリヂこと湊教子(みなとのりこ)が製作する独創的なサーフボードバッグブランド。帆布やヴィンテージ生地を中心に使用し、カラーやカットにも拘り抜いたオールハンドメイドのサーフボードバッグです♪WAXがついても気にならないライナーはもちろん、綿密な縫製技術から、経年変化も楽しめる大変丈夫な仕上がり★みなさまのビーチライフに更なる彩とHAPPYをお届けします♡ . NAKISURFにてRiZi Bag(リジー・バッグ)のカスタムオーダーもお受けしております。こんな色、こんな柄、こんな雰囲気、何でもご要望ください。世界に一つだけのオリジナルボードバッグをぜひ♪ . . . staff JN

Noriko Minato(@noriziii)がシェアした投稿 –

まとめ

まずは、ソフトケース(ニットケース)は必需品です。

プラス、ハードケースはかなり使い勝手が良いので、デイリーユースタイプの1本用ジャストサイズの購入をおすすめします。

特ににボードの外積み派は「Rareform」がおすすめです。

また、ソフトボードは豊富な種類があり、手作りの1点ものをこだわって探すのも楽しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました